ケータイ小説 野いちご

不良男子は溺愛体質

episode*01
可愛い生き物*side烈





あいつ、マジで来るつもりか……。

いつものように空き教室のソファに横になりながら、今朝の出来事を思い出す。

男に付きまとわれ、ぷるぷると小動物のように震えていた女……名前は花絵。

俺を見ながら怯えていたと思えば、男が苦手らしく、律儀に謝ってくる姿に不覚にもぐらっときた。

笑顔を見たときには、全身の血が逆流するみたいな強い衝動に襲われた。


一目惚れなんかあるわけねーだろって思ってたのに、一瞬で深いところまで落とされたような衝撃だった。


……いや、あんな無防備な笑顔向けられて、落ちない男いないだろ……。

あれはまじで、あいつが悪い。

会ったばっかの男にあんな顔……俺じゃなかったら襲われてるぞ。

今日も来るとか言ってたが……まあ、多分来ないだろ。


< 26/ 78 >