ケータイ小説 野いちご

不良男子は溺愛体質

episode*01
親友とクラスの人気者





教室に入ると、一目散に自分の席へ。

私の席は、特等席。一番後ろの窓側だ。


隣の席には……親友が座っている。



「花絵!今日は遅かったわね!」



教室に入ってきた私を見つけて声をかけてくれた親友の名前は、ミナちゃん。

優しくて頼りになる、お姉ちゃんみたいな存在。



「ミナちゃんおはよう……!あのね、聞いてっ」



水城くんのことを話そうと、ミナちゃんに飛びつく。

そんな私をぎゅっと抱きとめて、頭をよしよししてくれるミナちゃん。



「どうしたの花絵〜?今日も可愛いわね〜」

「あのね、大丈夫な男の子が現れたのっ」

「……は?」



手を止め、突然声が低くなったミナちゃん。



< 15/ 78 >