ケータイ小説 野いちご

俺様アイドルに求愛されてます!!〜プリンセスがプリンス?〜

文化祭の季節ですね
弟です!

今日もいつもどうりの朝がやってきた。








音羽に叩き起されて、メイクを始める。







30分も経たないうちに家を出発し2時間ほどかけて会場に向かった。










「瑠樺、今日の衣装見たけどお母さん攻めたね」









「俺もそう思った。バレないかな?」










「さー、バレたとしても女装って逆に思われるんじゃ?」









「それは一理ある」










「それより今日のメイク何色がいい?」









「うーん。ファッションショーの時は普通で。ダンスの時は……」









「ラメ使えば?」









「あー、それでいいや」













会場につくと多くの人の行列ができていた。








< 98/ 199 >