ケータイ小説 野いちご

「悪」が似合わない君と。

そして日常?

美花side


うっすらと目を開けると見慣れない天井が目に入った


真っ白


体を起こすと背中にピリッと痛みが走った


「あー」


思い出してきた


確か日焼け男性に背中殴られたんだっけ


いったいなぁ


これの何倍もダメージ食らってるリュードーさんって…すごいな


「ハナ!!」





「神崎さん!」


「気がついたのね!よかった!本当に良かった!」


神崎さん…


「心配かけてごめんなさい」



…モデルなのに


怪我なんかして…


無責任なこと


「本当にごめんなさい…。モデルなのに怪我なんかして、傷が残ったら使い物にならないのに…本当に無責任でした。」


こんなのモデル失格だ


「そんなことどうでもいいの!!」


え?


「使い物だとかモデルだとか関係ないでしょ!?本当に…あなたが無事でよかった…目が覚めなかったらどうしようって本気で心配したのよ」


そんな大げさすぎると思うけど


「神崎さん…心配かけてごめんなさい」


「私こそ…そんな責任感じさせてごめんね…
病院へ運んでくれた龍堂?っていう子が説明してくれたの。不良に喧嘩を振られたって、龍堂くんともう1人の子?が助けてくれたのね」


リュードーさん…夏兄さんのこと言わないでくれたんだ


「龍堂くんってあの写真の子よね」




そっか

あの写真…


「勘違いしてたわ。とっても優しい子なのね。あなたに謝ってたわよ。怪我させて本当にごめんって」


…リュードーさん


リュードーさんのせいじゃないよ


言ってしまえばこの騒動は何もリュードーさんに責任はない


夏兄さんのことを理解できてなかった私の方が…


「…」




< 215/ 321 >