ケータイ小説 野いちご

組長が惚れた女

2章 組長の純愛


暁編~

美花を家まで送り自分の家に帰りさっきの部屋に行くと何人かまだ残っていた。

潤「明日本当お前行くのか?」

暁「当たり前だろ、お前と美花2人で帰らせるわけないだろ」

暁「それより、彼岸花の連中まだ残ってるか?あと下っ端」

獠「残せったからみんないるぜ」

暁「ありがとう、ここに連れてこい、みんな」

獠「はいよ」

明「俺が呼んでくる」

こいつは黒崎学園の理事長古賀 明
頭もよく勘が鋭い

スー

明「連れてきた」

暁「ありがとう」

明「ん~」

暁「さて、お前らに頼みたいことがある、聞いてくれるか?」

彼『はい!なんでも聞きます!』

暁「助かる」

潤「彼岸花の総長は誰だ?」

?「俺です」

暁「名前は?」

悠「藤崎 悠斗です。」

暁「そうか……お前らの中に美花と同じ琉希に通ってるやつはいるか?あとの奴らはさっき聞いたがいなくてな、」

悠「1年が3人います」

暁「ほぅ~笑前に出せ」

悠「蒼弥、ニコ、瑠生こい」

3人『はい』

暁「明日から美花の傍にいてやってくれないか?あんなことがあって寂しい思いさせてると思うんだ。」

蒼「俺達で良かったら!笑」

ニ「やります!」

瑠「俺も!」

暁「そうか……悠斗」

悠「はい……」

暁「いい仲間持ったな笑」

悠「はい!ありがとうございます!」

暁「それからもう少ししたら琉希と黒崎学園合体するから笑」

……『はぁ?!』

明「俺そんな話聞いてないぞ!」

暁「当たり前だろ、今きめたんだから」

獠「いや、そう言う問題か?」

暁「そう言う問題だ笑」

潤「いいじゃん面白くなりそうだ!」

?「どこがだよ!大変になるじゃねぇか!だいたいどうやって合体させる気だよ。」

こいつは俺の左腕の松葉 新荒っぽい性格だか根は優しい

暁「黒崎学園に琉希の全校生徒を移動させる!」

新「まじかよ……」

2人?「死ぬなここ何ヶ月かは」

こいつらは黒崎学園の先生で香料 広
七原 春樹生徒思いのせんこうだ。

春「いつから始めるんだ?」

明「明日から」

広「まじかよ……」

暁「そういう事だからそれまでお前らよろしく頼む!」

3人『は、はい!』

暁「話は終わりだ!帰っていい」

悠「はい、お疲れ様です」

暁「ああ」

?「本当にあの子を好きになったんですね笑」

こいつはこの家のコック東山 白桃
こいつの料理はどの店より上手い

暁「ああ、あいつが好きだ」

春「お前がほんきになるとはな笑」

広「あいつ大変になるなこれから」

新「確かに笑」

俺はお前を守る、約束はまもりぬくからな、後絶対に俺の彼女……いや、妻にさせる!笑

暁 END

< 8/ 31 >