ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月10日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 教室

    「どうしたん?」

    「へ?」

    突然聞こえた声に顔を上げると、目の前には無愛想で有名な藤田君がいた。


    「なんか嫌なことあったん?」

    「別になんも無いけど…………」


    なんで?なんで私が辛いことバレとん?
    まだ親友にもバレてないのに?


    「……阿呆」

    「急になによ!」

    「辛いことあったのに、何強がっとん?
    見てられへんわ、お前…」


    「なんで……なんで私が辛いこと知っとん?」

    「そんなん、お前のことずっと見とうからわかるわ!」


    藤田君の言葉に、自然と涙が溢れてくる。
    ホンマに私のこと、見てくれとったん?




    不意に、藤田君が私を抱きしめてきた。

    「辛いんやったらもっと泣きや。
    もっと俺に迷惑かけてええねんで?」


    涙が止まらなくて、嗚咽を我慢するために、藤田君のシャツを掴む。


    「………………阿呆」

    藤田君の声は、今まで聞いたことがないくらい優しかった。

    開く閉じる

    • 同級生
    • お昼休み
    • 屋上
    • 告白

    達也「へえ〜ちゃんと来たんだ」

    「来たら何か悪い?」

    私、杉田 美久は達也(中村 達也)のことが好き!
    でもいつも強がってばっかりで中々気持ちを伝えられない…

    でもそんな私を達也が呼んだ‼︎
    なんだろー?


    達也「別に… 来てくれてありがとうな」

    「う、うん」

    達也「実は大事な話があって…」

    「何?」

    達也「お、俺はお前が好きだ!だから俺を彼氏にしろよな」

    「え!?え、めっちゃ上から目線ですね…」

    達也「で、返事は?」

    「いいよ…」

    達也「よっしゃー!!!じゃあで、デート行くか」

    「うん!」

    fin

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 告白

    「先輩、痛いです」

    「うるさい。黙って」

    部活の最中に先輩に腕を引っ張られてここまで連れてこられた。

    「急になんですか?まだ部活中ですよ?」

    「お前、なに?勝手に告白してきて人の答えも聞かずに言い逃げして。何もなかったみたいなふりして」

    「そっそれは、先輩には他に好きな人がいるから」

    「は?誰それ?」

    「いつもマネージャーさんのこと見てるじゃないですか」

    「みてねーし」

    「嘘ですよ。いつもみてますよ」

    「見てたとしてもあいつじゃねーし」

    「でも、、、」

    次の瞬間、先輩にキスをされた。

    「わかったか?」

    「えっ、なんで、、」

    「俺の好きなやつはあいつじゃなくてお前だし。気づけよ」

    「えっ、嘘でしょ。だって先輩は」

    「だから、俺の好きなやつはお前だよ」

    そしてまたキスをされた。

    「ほんとに?」

    「ああ」

    バッ、、
    先輩に抱き着いた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「あとがき」の作品一覧・人気順
キーワード あとがき
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
16件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す