ケータイ小説 野いちご

私の学校の生徒会、実は魔術師の集まりだったそうです

始まりの生徒会

「ねね、今からカラオケ行かない?」

「あっ、いいねぇ。でもまたカラオケー?」

「いいじゃん、駅はほぼ制覇しちゃったし!」

「まあ確かにそうだね。最近できたとこ行こ!」





ありふれた日常

ありふれた世界

魔術なんて存在しないなんて、根拠の無い固定概念を持つこの世界で

私は、生きている




私の名前は小鳥遊芽衣

私立夕璃学園在籍の高校一年生

そして、他の人には隠しているけど、現代魔術師

通称ウィザード

人とは馴れ合わない

馴れ合うのは時間の無駄

そう、だから私は、高校生ぽいこと───放課後に遊びに行ったりもしない

それに私には、かつて大事な人から託されたことがある

無愛想だと、後ろ指を指されても

人を見下してると、勝手に信じ込まれても

付き合いが悪いと、評価が下がっても

私にはやるべきことがあるから

1人でカバンを持って、放課後になり騒然とした空気に変わった教室を出た

ひそひそと何かが聞こえるが、気にしない

あの日を境に、私は感情を表に出さなくなった

親友はもおろか友達も、話すような相手もいない私は、クラスで完全に孤立している

それでもいい。私にはやるべきことがある

ただそれを、やるだけ

「見回りだけ・・・・・・」

私は階段を使い、1階まで降りた

まだ生徒が残っているけれど、何故かまた魔法協会から招集がかかったから、早く帰らなければならない

魔法協会は、魔法使い・魔術師・魔導師が所属する組織のこと

< 2/ 49 >