ケータイ小説 野いちご

私の学校の生徒会、実は魔術師の集まりだったそうです

プロローグ

「ねぇ、芽衣」

「な、なぁに?」

栗毛の少女が、涙を目に溜めて、お腹から血を流す女性を介抱している

女性は地面に仰向けに倒れており、既に虫の息だった

周りは地獄と化し、死体は転がり、木々は焼け焦げ、地面は抉られ大きな穴があちこちに空き、ゴロゴロと岩が転がっている

血が辺りを覆うその地で、可憐な少女は淡い光で女性を癒そうとしていた

だが、打つ手はない

「ごめんね、あなたを1人にしてしまう・・・・・・」

「お母さんっ、そんな事言わないで!」

少女と同じ髪色の女性は、愛おしそうに少女を見やった

今にも閉じそうな瞼を一生懸命に開き、震える手で少女の手を取る

「もういいわ・・・・・・あなたの魔力は残しておきなさい。ここから離脱できなくなる」

「嫌よ!私はここで、お母さんと一緒に・・・・・・!」

「芽衣。人に死はつきものよ・・・・・・お母さんは、それが人よりもちょっと早かっただけなの」

苦しいはずなのに、女性は少女に諭すように言い聞かせる

少女の涙が頬をつたい、地面に水玉をつくる

直後、がはっと女性が口から大量の血を吐いた

その色は、真っ黒にどす黒く

「汚染、されて・・・・・・お母さん!」

「大丈夫、大丈夫だから・・・・・・こんな弱いお母さんで、ごめんね」

弱々しく笑うが、女性の体は限界に達していた

「芽衣・・・・・・あなたが救いなさい。私の代わりに、この世界を、救いなさい。いいわね・・・・・・」

「そんな・・・・・・お母さん。いっちゃだめ!」

「大好きよ・・・・・・芽衣──────」

お腹に手をかざす、少女に添えられたか細くて美しい手は、力なく落ちた

女性の顔は、幸せそうで、そして哀しそうな

「う、ああ・・・・・・1人に、しないで・・・・・・!」

戦場に1人、取り残された少女は、泣き叫んだ

だが、その叫びを耳に入れるものは、誰1人としていなかった

< 1/ 49 >