ケータイ小説 野いちご

DARK&COLD −月のない夜−

秘密の部屋









昨日初めて訪れた場所。


何も知らない、この街のこと。


私の頭を優しく撫でる、この男のことだって────。







< 25/ 334 >