ケータイ小説 野いちご

DARK&COLD −月のない夜−

番人の禁じ手








「あ。瑠花さん、お久しぶりです。……って、あれ?夕立さんは?」

「俺たちと一緒に来てた女子と、2人で出ていったよ」




椿くんがキョトンとした顔で尋ねると、私の代わりに国吉くんが答えた。

椿くんは、え?と一瞬首をかしげてみせたけど、誤魔化すように笑ってみせた。





「そうなんですか……。ああ、そういや兄ちゃんが、煙草切れたから買ってこいって夕立さんに頼んでたな」

「泉くんて、今忙しいの?」

「んー。昨日の夜からずっとパソコンに向かってて。あの人1回集中するとなかなかやめないから、夕立さんが色々と世話焼いてくれるんです。寝ないし、ご飯も食べないし……」




そんな会話をしながら、角部屋に案内された。
高級そうな黒ソファが向かい合って置かれている。




「僕も手伝いたいけど、あいにく情報系には疎くて。買い出しに行こうにも、さすがに14歳に煙草は売ってくれないし……」



その辺の規制はちゃんと存在することに、少し安心しつつ
やっぱり響平たちのことが頭から離れない。


< 181/ 334 >