ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

世界No.1の総長と一輪の花

奇襲





今日は雷龍の集まりが倉庫であるはず…だったんだけど……



倉庫に来て…雷龍のメンバーが怪我をしていた。



「どうした!?」



詩優が怪我をした人たちのもとへ駆け寄る。




「すみません……詩優さん……どこの族かまではわからなかったんですけど…ここに来る途中で急にバイクに乗ったやつらに奇襲されて…」



怪我をしてるのは4人…康さんが救急箱を持ってきて、手当を始める。



「私も手伝います」


私がそう言うと



「姫さんは大丈夫ですよ」



と康さん申しわけなさそうされた。



けど、



「唯一手当だけは得意なんです!」



と言ったら、康さんは笑いながら私に消毒液と包帯を渡してくれた。



オレンジ髪の少年の手当を始める……皮膚が抉れてすごく痛そうだ………



「詩優さん……あいつらナイフ持ってました…」



オレンジ髪くんが口を開いた。



「………へぇ?他にそいつらの特徴とかわかるか?」



詩優の目だけでもわかるが……かなり怒っている……



「…俺ら4人バイクに乗ってたら集団でバイク乗ったヤツらに囲まれて……あいつらはメット被ったままだったんで特徴とかは何も……」



「……そうか……京子!ここら辺にいる族のパソコン手当り次第ハッキングして」



詩優がそう言うと、「了解」と京子がパソコンをバッグの中から取り出した。



「お前らが奇襲されたのどこら辺?」



詩優がオレンジ髪くんの前にしゃがみ込む。



「倉庫近くの……交差点です………すみませんでした……詩優さん……」



オレンジ髪くんが答えると、



「ナイフ使うヤツらによく立ち向かった。お前らは最高の仲間だ」



と言って詩優は怪我している4人の頭をわしゃわしゃと順番に撫でた。










< 78/ 600 >