ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

世界No.1の総長と一輪の花

助けて






ピンポーン♪



現在は21時過ぎ。外からチャイムが鳴る音がした。



もしかしたら詩優かもしれない。なんて思いながら玄関のモニターを念の為チェックすると、そこに立っていたのは意外な人物だった。



八王子くんだ。



何で八王子くんがここにいるんだろう。詩優に何か用があるの?




『妃芽乃さん、高城雅を無事で返して欲しかったら出てきてくれないかな?』




……雅さん!?




しかも八王子くんは私がここにいることも知っている。



「……な、何で……八王子くんが……雅さんを…?」




『あー、言ってなかったね。僕は鳳凰の幹部なんだ。だから高城雅を鳳凰が捕らえた』



…え?……
八王子くんが……鳳凰の幹部?それで雅さんを?




『妃芽乃さん、早く出てきて。高城雅が死んじゃうよ?』




「……わかった」




私はすぐにスマホを開いて、




"助けて"




と詩優にメールを送信したからスマホを制服のスカートのポケットにしまって玄関の扉を開けた。






< 204/ 599 >