ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

世界No.1の総長と一輪の花

辛さ





次に目を開けた時には…



ふかふかのベッドの上……


…え!?



…ここ……



「あ、起きた?おはよ」



声のする方を見ると……制服を着た男……




その制服は……私の学校と同じもので……



「……同じ…学校…?」



っていうかこの人は高校生…なんだ…



「そうそう。桜谷(さくらたに)高校…あんま行ってないけどさ」



にっ、と笑う男。太陽みたいな笑顔がやっぱり眩しい…



……っていうか…今…何時…



すぐ近くには私のスマホが置いてある…




……持ってきてくれたの…?




「あ、の!何から何まで…大変お世話になりました……あと…助けてくれて本当にありがとうございます」



私は立ち上がって頭を下げる。



「いいって。気にすんなよ。それよりも今12時過ぎだけど…学校行く?」



…12時過ぎ!?



「えと、は、はい!行きたいです!」



私がそう答えると男はまた笑う。



「ワイシャツは俺の使って。でかいと思うけどさ。んじゃ俺あっちにいるから。着替えて準備しな」



ワイシャツをベッドの上に置いてそう言ってドアを閉めて、去っていく男。



……そういえば…名前聞いてない…や…






< 16/ 600 >