ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

世界No.1の総長と一輪の花

嵐のような




春休み



今日は雷龍の倉庫に遊びに来ている。詩優と竜二、京子は何かやることがあるらしく不在だ。



「俺、詩優と竜二とクラス離れたら生きていけないかも」



そう言ったのは倫也だ。男3人の中じゃ1番コミュニケーション能力が高いと思ってたのに………



まさかの発言に少し驚いた。



「校長脅せば同じクラスになれるんじゃない?」



面白そうに笑ってアイスを食べる明日葉。



「それいいかもな」と笑う倫也に



「いやいやダメだから」



と、止める私。



でも私も京子とクラスが離れたら…なんて考えたくもない。


一学年4クラス……同じクラスになる確率は低いわけじゃない。毎日神様に祈ろう……









「あっ!ダメっすよ!勝手に入っちゃ!!」


外がどうやら騒がしい……?



「なになに~?雅(みやび)聞こえなぁーい」



という女の子の声が聞こえてきて……



ガチャッ!と2階の扉が開いた。




中に入ってきたのは胸元まである髪をゆるふわに巻いた、モデルみたいな女の子。

胸元が大きくあいた服を着ていて…スカートはすごく短い……



…スタイルいいな………



なんておもいながら見つめていると、その子が私に近づいてきた。



「へぇ~♪あなたが雷龍の姫?」



…声も可愛いし……いい匂いする……




私が見とれていると、その子はまじまじと私の体を上から下まで見て…そして鼻で「フッ」と笑われた。








< 104/ 600 >