ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

冷たい彼の溺愛は、2人きりのときに。

甘すぎる彼





次の日、昨日のせいであまり眠れなかった私は重い体で学校に向かう。



昨日のことを思い出すけどやっぱり現実だと信じられなくて。



夢なんじゃないかってまだ信じている自分がいた。



駅に着いて学校へと向かう。
楠木と同じ駅じゃなくて本当に救われた。



駅のホームで会ってしまったら気まずいところだった。



楠木は一つ後の駅のおかげで、会うこともない。



「…はぁ」



自然と溢れるため息。
今のでもう何回目だろう。



昨日の楠木は楠木じゃなかった。
別人だ、あれは。



もしかして熱でもあった、とか…?
それでも昨日のことは許せるわけじゃない。



いきなり迫られてキスしてくるし、私のことバカにしてくるし。



思い出しただけでもイライラする。



それに私を彼女にしたい?
思ってないことをよく言えたもんだ。



絶対に私は楠木の彼女になんかならない。
そう思いながら私は学校へと向かった。



幸い、今日は同じ電車じゃなかったらしく楠木と会うことはなかった。



< 46/ 337 >