ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年03月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 帰り道
    • 告白

    私、宮崎真希(みやざき まき)は毎日一緒に帰っている山崎俊也(やまさき しゅんや)に、ただいま片思い中です。しかし、俊也はモテるのでなかなか告白できません!

    「なぁ、そういえば真希って好きな人いんの?」

    「うん、いるよ。」

    (目の前にいるあんたが好きとは言えないけどね。)

    「俊、あんたは?」

    「実は俺もいる。だから、今日で幼なじみやめる。」

    「えっ、どういうこと?」

    「つまり、幼なじみとしてじゃなくて、俺だけ真希としていてほしい。お前のことが好きだ。」
    俊の顔は、夕日のせいなのか少し赤く見えた。

    「実はね、私の好きな人は、俊也あんたなんだ。」

    「なんだよ!それ、でも真希と同じ気持ちですごく嬉しい。」

    この日から恋人という新しく、何よりも甘い関係がスタートした。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 部活中
    • 体育館
    • 頭ぽんぽん

    こんにちは!私の名前は橘詩織。高校2年生!私は、女子バスケ部の部長。入った理由は、憧れの先輩が入っていたから。けれど、私が入った頃には先輩は高校3年生で、一緒にいた時間は短かった。けれど先輩とは仲が良い方だと思っている。クールな彼は女嫌いだったから。あ、因みに先輩の名前は柳蒼太。男子バスケ部のエースで部長だった人。私はいつも通り後輩達と男子バスケ部とシュート練をしていた。
    先生「オーイ!集合」
    詩織「はーい!皆集合」
    先生「今日は先輩が来た、終わってもいいぞ」
    詩織「先生、先輩って誰ですか?」
    すると、一人の男が出てきた。・・・って!蒼太先輩?!
    蒼太「橘?久しぶり。」
    どういうこと?
    蒼太「ハハ。意味わかんないって顔してるな。遊びに来ただけだよ。橘、練習してる姿見たよ。頑張ってるな」
    そう言って私の頭を数回ポンポンとした。嬉しいな。
    詩織「私もっと頑張ります!」
    先輩見てて下さいね!

    開く閉じる

    • 同僚
    • お昼休み
    • 職場
    • 気を使われる

    私はここの会社で働く社員。
    パソコンで事務作業をするのが仕事。
    『カタカタカタカタ…』
    ひたすらキーボードを叩いて仕事を進める。そうでもしないとこの量は終わらない。偶然、大きな仕事を班を作ってする事に成った途端にインフルエンザで人不足に陥ったのであと三週間は耐えるしかない。自分のお気に入りの腕時計を見る。
    (お昼か…ご飯は…一応持ってきてた野菜ジュースかぁ…)と、考えつつ机に野菜ジュースを取り出す。
    そして、飲みつつパソコンを打つ。片手でも打てない事はないから少しでも進める。これも明日の自分のためだ。て、これ一週間は言ってるけど。
    すると、隣のデスクから紙が飛んできた。綺麗に折り畳まれた紙。
    『お前へ』
    と、書いてあったので開いてみる。
    『無理すんな休め 神田』
    久しぶりにこんなに優しくされた。
    思わず慣れない優しさに顔をすこし赤らめてしまう。
     




    好きな人にこんなことされたら…ね

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

冷たい彼の溺愛は、2人きりのときに。 (三宅 あおい/著)

  • はじめまして で失礼します!
    こんな素敵な小説を最後まで書いてくださりありがとうございます。
    私も中学の頃キツイ部活に入っていてこの小説の主人公の方と似たような感情になったことがあります。すごく共感できる部分が沢山あり、今はもう社会人ですがこの小説に出会えて良かったなと最後まで読ませていただいて思いました。
    他の作品ももっと見たいです!
    これからも頑張ってください!

    みーちゃんいちご   2019/03/07 21:03

  • 私も陸上をしていて高校1年生の終わりの時に腰を怪我してしまい選手を辞めてマネージャーになろうかと必死で思いました。でもやっぱり陸上が好きでもう1回選手として頑張りたいと思いました。必死で怪我を治して4ヶ月後少しずつまずはjogからでしたが走れるようになりました。
    4ヶ月というブランクは大きかったですがその分影で努力を続けました。恵美ちゃんの気持ちもすごく理解できて共感出来る所だらけでこの本を読んですごくよかったです!秀哉君の一途な想いも感動しました!また続きが出てほしいなって思いました!これからも頑張ってください!
    ♡R♡

    河本怜奈   2019/03/03 17:16

  • 自分が好きなものを嫌いになってしまった人を元気にしようとする行動力そして優しさが詰まった話だったと思います。
    すごいなって自分には無理だって思いました。
    これからも応援してます

    K♡E   2019/02/19 04:59

  • この小説読んだとき、読み終わってあとがき読んだとき
    自分とそっくりで三宅さんと同じ状況を去年経験しました。
    先輩の引退試合の2週間前に怪我をして休まざるを得ない状況になってホントは無理してでもやりたくてしょうがなくてなんでこのタイミングなんだろうって辛くてただ見て応援することしかできなくて今までの一年は何だったんだろうって先輩と積み上げてきたものが全てムダになった気がしてすごく悔しかったです。
    でも大好きだった先輩にあと一年あるから最後まで頑張れって言ってもらえて元気が出ました。
    この小説を読んでその時のことを思い出して自分たちの引退試合は全力でやれるだけのことをやろうと改めて思いました。

    すごくいい作品で感動しました!
    大切なことを思い出させてくれてありがとうございました。

    紅蝶❕   2019/01/28 18:30

  • 恵美の気持ち少しだけ私ににていると思いました。
    私も小学1年からバスケをやっていたんですけど6年の引退試合の前に辞めてしまいました。本当に辛いところでやっぱり恵美みたいに周りからっていうのもありましたし、監督も暴力的ですごく大変なチームでした。途中からバスケが好きってきもちを私は忘れてしまい何の為にやっているのかも分からない状態でした。私は人目を気にしてバスケできないけれど楠木みたいな人に出会えたら私も変われそうな気がします。

    作品凄く面白くて、感動しました。
    私に勇気を与えてくれてありがとうございました!

    赤神桜麻   2019/01/24 18:48