ケータイ小説 野いちご

【完】李寵妃恋譚―この世界、君と共に―

第一章 宵明の邂逅
手当て




「ほら、ちゃんと体は拭いてね」

家の中に黎祥を引きずり込んだ後、黎祥には体を拭くものを渡し、翠蓮自身も髪を乾かしながら、室内を歩き回る。


「……一人暮らし、なのか?」


「ええ、そうよ?家族、恐らく全員、死んじゃったし」


腕まくりをして、薬草を引き出しからいくらか取り出す。


「死んだって……」


「まぁ、流行病と先帝時代に冤罪で」


これで、翠蓮の家族は全滅した。


「恐らくってことは……」


「兄たちが行方不明なのよ。生死不明。連絡取れなくなってかなり経つから、生きてる希望は薄めってことで」


でも、生きていると信じたいという思いも、勿論ある。


「ま、私の家族の話はどうでもいいってことで!さっ、傷を見せて」


張り切ってそう言うと、彼は嫌そうな顔をした。


「……毒、じゃないよな?」


「違いますー」


なんて、失礼な患者だ。


「手当してあげるって言ってんのに、なんで、毒を盛るのよ。訳が分からないわ」


包帯を作り、無理やり、腕をさらけ出させた。


「うん、酷いね」


蒸した布を取り出し、優しく、丁寧に彼の傷に触れる。


無残な傷跡は、この先も残り続けることだろう。


時々、痛みに顔を歪める黎祥の腕に包帯を巻き、翠蓮は笑顔になった。


「……治せるのか?」


「大人しく、貴方が私の治療を受けるのならね」


「そうか……」


自分の包帯が巻かれた腕に目を落とし、


「皮肉だな」


と、彼は自嘲した。


「何が?」


「お前に言われて気づいたが、私は心の底では確かに、生きたいと願っているのかもしれん。毎日、毎日、送られてくる暗殺者の相手に疲れているだけで」


「毎日?そりゃあ、凄い御身分だ」


毎日襲われるとなっては、確かに心は休まらない。


「とりあえず、生きたいっていう、自分の本当の願いに気づけたのなら、それで良しじゃない?」


足に包帯を巻きながら、翠蓮は黎祥を見上げた。



< 11/ 956 >