ケータイ小説 野いちご

はつ恋【教師←生徒の恋バナ】


・若菜サイド

深夏とランチしてたら、部活の話題になった。



1年生対象の合宿明けには、どこに入るか決めなくてはならない。



「今まで無所属OKだったくせに、何で今年から全員強制なんだろう?」



「部活やる人が減ったからじゃない?」



面倒だなぁ。



「私も、ミカと同じとこにしようかな…。」



「ワカはどうせ、幽霊でしょ?

うちは幽霊部員いらない。」



速攻、拒否られた。



ガッカリ…。



机に突っ伏していたら、頭の上から声が降ってきた。



「そんなに落ち込まないでよ。

ワカのために、幽霊OKな部活リストアップしておいたよ。」



み…深夏ぁ~、嬉しいよーっ。



「ありがとう!愛してる!!」



私は、深夏の手を両手で握り締めた。



「何?ワカちゃんってば、そういう趣味?」



近くにいた男子に、からかわれた。



「邪魔しないで、友情を確かめ合ってる最中なんだから!」



深夏は、そばでケタケタ笑ってた。



深夏からリストアップした紙を貰うと、早速目を通した。



さすがに、運動部の幽霊受け入れは無い。



天文、俳句、裁縫、茶華道、パソコン、クッキング…。



部活巡りしたことないけど、こうして見ると色々あるんだ。



そんなことを思った私の目に、ある部活動の名前が飛び込んだ。






< 30/ 286 >