ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 切ない【お題】

    今日は私の17回目の誕生日
    ·····そして、大好きな人とのお別れの日


    ピッピッピッピッ

    「満夜(まよ)、グスッなぁ逝かないでくれよ。俺、お前がいなくなったらどうすればいいんだよ」

    「ごめん...ね、海都。そん、なにッ...泣かないで。ゎたし、海都と入れて、幸せだっ、たよ」

    ごめんね海都。ずっと一緒にいられなくて。

    「満夜...俺もっ幸せだった!グスッ俺、満夜のこと支えてやれたかな?」

    「もちろん。」

    「私ね、海都の...お嫁さんになって...ゎたしたちの子どもと笑って生きるのが夢だったんだよ。でも...叶わなく、なっちゃったね」

    「俺もッ同じ夢、持ってるよ。そんなの、来世で叶えればいいじゃん」

    「そう、だね」

    「あぁ。約束だ」

    「約束、だよ!」

    「満夜、俺の彼女でいてくれてありがとう」

    ピーーーーー

    ·····ありがとう、海都。来世でまた逢おうね。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 切ない【お題】

    「帰るぞ」

    そう言って私の教室のドアに立っているのは幼馴染の京介だ。

    「今準備してるから待って」
    「美羽はいつも遅いなあ」

    とか言いつつ京介はいつも待ってくれる、そんな京介が好き。

    「…つか美羽好きな人いんの?」
    「え?!」

    なんでそんなこと聞いてくるの?普段恋話なんて一切しないのに、まさか私が好きなことがバレた…とか?
    だとしたら、京介はなんて言うのかな

    「いるって言ったら…?」
    「まじ?ならいっか」
    「なにが?」
    「俺、今好きな人いるんだけどその子が俺と美羽の関係気にしてたからさ、美羽に好きな人がいるなら、あっちも安心かなって」
    「あー…なるほど…」

    もしかしたらって思ってる自分がいたことに恥ずかし過ぎて、泣きそうになった。

    「まあ、俺たちただの幼馴染だし、心配されるようなことねえよな〜」

    こんな想いをするくらいなら幼馴染なんかになりたくなかったよ。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 切ない【お題】

    「先輩来てるよ!」


    その声に窓からグランドを見下ろせば
    幼なじみのアイツが居た


    『俺、お前の事大事にしたいから』


    そう言ったのはあんたでしょ?



    人の気持ちも知らないで
    今日も違う女の子連れて
    そうやってまたカッコイイ姿をみせ付ける



    "ワタシダケヲミテ"


    そう言えたらどんなに楽だったのだろう




    近すぎて遠いこの距離に溢れていた想いは
    もう枯れ果ててしまったのだろうか?



    それでもアイツの笑顔が大好きだ




    甘い甘い恋人たちの歌・・・
    イヤホンから聴こえるラブソングに嫉妬して
    慌てて音を消したんだ

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

はつ恋【教師←生徒の恋バナ】 (桜雛/著)

坂下&蒼シリーズの長編3作目。
前2作品のヒロインと関わりが少ない生徒を、主役にした作品です。
何気に、バレンタインデー&ホワイトデー企画からも登場人物が出張しています。
ぜひ感想をお寄せください。

  • amabile様

    初めまして、ケータイ小説家を半分放棄してる作家でございます。
    いきなりこのようなご挨拶しかできず申し訳ありませんが、現段階で書いてないのは事実なので…。

    この作品を気に入っていただきましてありがとうございます。
    書き手としては、この作品の読者数の少なさは気になって仕方がなかったのです。
    やはり皆様、ハッピーエンドがお好みなのでしょうか。

    もし気が向きましたら、他の作品もよろしくお願いします。

    桜雛   2010/12/24 11:33

  • すっごく感動しました

    小説でこんなに泣けたのは初めてです

    Happyendにはならなかったけど私はすっごく気に入りました

    私も泣ける小説を書いてみたいです

    この小説に出会えてよかったです(^o^)

    ♪心音♪   2010/12/18 18:05

  • あぁ、それでしたか。スッキリしました。
    最初は気がつかなかったんですけどね、『何を考えているかわからないお嬢様』で、あれ?この娘知っているって思ったのですよ。
    ありがとうございます。

    花穏   2009/10/14 23:30

  • 花穏様
    こ…これも読んでくださったとは!
    感激ですっ!!
    翠子短編はsaori@様との音楽コラボ企画Sour&Sweetで、その際にも感想いただきましてありがとうございます。

    辛いあのシーンは、坂下を書くにあたって外せないので…。
    私は書く度、泣いてます。←おいおい…。
    若菜の幸せがあるとすればは、まだまだ先(の予定)です。

    梨香に甘く、アンジェに「エロ教師」呼ばわりされ、若菜に「鬼マサ」と呼ばれる蒼くんが、ホントに教師らしくなるのはいつのことだろう?
    いつか、このコが育った作品出してみたいです。(希望)

    桜雛   2009/10/13 01:27

  • こちらも読ませていただきました。
    坂下先生にもう一つの顔があったとは。
    軽蔑なんてしませんよ やっぱりカッコいいですね
    当たり前だけど、あのシーンが毎回出てくるのは少し辛いものがあります。
    若菜ちゃんもまた、辛い人生だね。彼女にはいつか幸せになってもらいたいです。
    蒼先生も教師らいいところもあるということが分かりました(^^;
    ふと、思ったのですが、前に翠子さん視点の短編を一度見た事があるようなないような……?

    花穏   2009/10/11 10:38