ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

浮気してるくせに平然な彼

◆俺が助けてやる《翔side》






◆翔side◆



“頑張れ”と、橋本にパンケーキ屋さんで励ました翌日、教室に入ろうと、ドアを少し開けた瞬間、





「陸がイヤな想いしてるの、何で分からないの!?」





サナの声が聞こえてきた。





………ドアの隙間から教室を見渡してみると、陸もいて。





とりあえず、状況が状況だった為、会話を盗み聞きする。





「………本当はさ、堀内とデキてんだろ?? だから別れたいんだろ??」





完全に橋本が二人から責められている状態だった。





さすがにズルイ。こんなんで言い返せるワケないだろ。





話に入る気は無かったけど、あまりにも見てられない状態だった為、





「ウケる。橋本の事全然信用してねぇのな」





挑発するように、ククッと笑いながら教室に入った。




< 140/ 377 >