ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年07月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 部活中
    • 教室

    「今日はここまで。片付け始めてー」

    そうみんなに向けて言ったのは部長で。

    真面目にみえて実は、話せばユーモアでいっぱいの彼が少し気になっていた。

    伸びをするフリをしながら盗み見る。

    ーああ、カッコいいなぁ。

    だらしのない表情を惜しげもなく見せていると隣から一発頭にもらう。

    「いっ…だぁ」

    隣の彼は幼なじみの早瀬だ。

    「あの人、彼女いるから」

    「へっ?」

    驚きの発言に眉ひとつ動かせない。

    「ほっ本当?」

    「うん、うそー」

    「………」

    ーうん、サラリとうそをつかれたね。

    しかし、彼の発言はこれだけでは終わらず。

    「よし、部活も終わったことだし。ちょっと遊びに行こっか〜、かなっ」

    いきなり皆に聞こえるような音量で早瀬は言った。

    「っ!ちょっと…」

    そこで最初に聞いた声がここまでの形勢を変える。

    「かなちゃん、嫌がってるみたいだけど?」

    開く閉じる

    • 同級生

    管野雨愛(かんのうみ)高校三年生

    雨愛が産まれた日は大雨……

    みんな雨を嫌がる人が多いが雨でも愛されるようにと親がつけてくれた名前


    三ツ矢晴輝(みつやはるき)高校三年生

    晴輝が産まれた日は快晴

    晴れの日に輝けるようにと付けられた名前

    高校二年の時晴輝の父親が亡くなった

    雨愛の家はお寺で晴輝の父親のお墓がある

    二人は両思いになったが晴輝が自立できるまで付き合うのは待ってほしいと言われる

    雨愛はそれを承諾するがそれから一年が過ぎる

    ある日晴輝の元カノが現れる

    つきあってないなら私は積極的にいくと宣言され不安になる雨愛

    つきまとう元カノに晴輝はどう答えるのか

    泣き虫な雨愛は笑顔になれるのか

    はっきりしない晴輝に雨愛は勝手だよと……言ってしまう

    自分の勝手で動く晴輝は友人に気付かされる

    雨愛が好き

    開く閉じる

    • 同級生
    • 登校中
    • 後ろからギュッ

    「おはよ、舞川」
    「水野くん、おはよう」
    「!」
    水野くんは顔を真っ赤にした。
    「どうしたの?」
    ギュッ
    「可愛すぎだよ」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

浮気してるくせに平然な彼 (桜野夢花/著)

感想気軽に書いてくださると嬉しいです!ご意見などあれば気軽に下さい(*^^*)

  • 初めまして!
    最初は堀内くん口悪い...と思っていましたが、物語が進んでいくうちにどんどん惹かれていっている自分がいました笑
    好きな人のために頑張っているのがとってもカッコイイ✨

    そして、陸くんとサナが一向に浮気を認めないのがすっごくムカつきます!

    どうか最後はハッピーエンドで終わりますように!
    更新頑張ってください!
    応援してます(=^^=)
    また感想ノートお邪魔させていただきます♡

    せばちゃん   2019/04/15 20:22

    せばちゃん様

    初めまして!嬉しすぎる感想ありがとうございます(;_;)浮気の小説はたくさん溢れてますが、あまりない内容にしたいと思い、こうなったらとことん浮気される側の話を書いてみようと思い、書き始めました(*^^*)

    堀内の口の悪さが大丈夫かな、と思っていたので、そう言っていただけて嬉しいです(*^^*)ありがとうございます!サナ陸は本当にむかつきます、私も大嫌いです(笑)

    最後まで更新がんばりますので、どうぞよろしくお願いします(*^^*)ぜひ!またいつでもいらしてください!(*^^*)素敵な感想ありがとうございました!(;_;)

    作者からの返信 2019/04/16 03:10

  • 桜野夢花さんの小説を読んですっごくハマってしまって全部読みました!!
    もともと浮気者がすごく好きだったんですが、このお話はほんとに今まで読んだ中で一番面白いとおもいました!!

    また陸サナに関してすっっっごいムカついたり、美羽の気持ちが報われなくて泣いたり、ほんとに感情移入が出来て、自分がまるで登場人物になったような気持ちでスラスラ読むことが出来ています(∩˃o˂∩)♡

    これからの展開を楽しみにしてるので、夢花さんのペースで頑張ってください!

    また感想ノートにお邪魔しますね♬︎♡

    ももかん!!   2019/04/06 21:31

    ももかん!!様

    この度は素敵な感想下さりありがとうございます(;_;)とてもとても嬉しくて、今の今まで感想眺めてました(>_<)!!←
    貴重なお時間を私の小説に費やしていただき、なんとお礼を申し上げたらよいか(;_;)本当にありがとうございます(;_;)!!
    この小説が一番面白いだなんて、幸せすぎてどうにかなりそうです(;_;)テンポよく、読みやすいお話にしたいと思っていたので本当に最高の誉め言葉でございます!!

    流れの展開とかラストとかは前々から決まってるので、突っ走るように更新します!!イイ小説だったと思ってもらえるよう、全力で書いていきますので、これからもどうぞよろしくお願いします(*^^*)

    わああっ!!ご迷惑でなければ、ぜひ!!また来てやってください!!更新がんばります!!本当にありがとうございました(;_;)!!

    作者からの返信 2019/04/07 09:18

  • 桜野夢花さん!

    また読んじゃいました!昨日の
    『だからそれは、愛じゃない』
    を読んでから桜野夢花さんの作品ばっかり読みたくなります!
    私も浮気あります!
    まっ!今だから言えることですけどね! 今は、笑い話程度です!この話の内容が、私の体験した話にそっくりで、私もその時のことを少し思い出しながら読んでいました。次々読んでいくたびに、『ウルっ』ときて、涙が出てきそうになりました。
    やっぱり、桜野夢花さんの作品は読みやすくて、想像しやすいです!
    更新楽しみにしてます!
    自分のペースで頑張ってください!
    いつでも応援しています!
    良かったら、わたしのさくひんもよんでみてください!っと言っても、はじめてで、ぐちゃぐちゃですけど。 桜野夢花さん頑張ってください!

    染笑瑠   2019/02/12 21:11

    s,kさん!こちらのお話にもきてくださり、本当にありがとうございます!(;_;)去年の3月から書き初めて1年経とうとしてるんで、今年の3月いっぱいには完結させれたら、と今、更新を頑張ってます(笑)

    s,kさん、浮気された経験があるのですね…(;_;)浮気してる側は、スリムを楽しみたいとか二番目がほしいとか、彼女に嫉妬してほしくて、とか自分なりの勝手な理由があるのでしょうけど、された側は本当に苦しいですよね(;_;)私、浮気する側は許せないので、なんとかしてこらしめてやりたいんです、今後堀内交えてどんでん返ししていく予定なんで、またもしお時間がありましたら読んでいただけると本当に嬉しいです(*^^*)

    わわ!ありがとうございます!(*^^*)
    s,kさんの小説にもお邪魔しますね!( 〃▽〃)私も感想書きにいきます!一緒に執筆頑張りましょうね(*^^*)

    本当に感想ありがとうございます!とても励まされました(;_;)

    作者からの返信 2019/02/13 12:01

  • お久しぶりです!!
    更新楽しみにしてるので
    頑張って下さい!(^^)

    沙夜*(退会)
    2018/09/13 21:45

  • お久しぶりです!!
    更新分まで追いかけました!!

    安達さんが浮気経験者だったなんてビックリしてます(;つД`)安達さんこれからも絡みありなんでしょうか(謎な人ですね)

    堀内くん口立ちすぎて笑いました("⌒∇⌒")
    私なら考えもしない事を良く言葉が出てきますね...(感心)

    滝の幸せな時間が終わったらまた陸に振り回されるんですかね...少しずついろんなことが明らかになっていってて今後が楽しみです!

    頑張ってください(*´∀`)

    沙夜*(退会)
    2018/05/20 00:40