ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

フェイス

好みのタイプ

翌日、あたしはいい気分で目が覚めた。


目が覚めてすぐに思い出すのは昨日の出来事だ。


勇とあたしが一緒にボーリング場から逃げるところ。


勇の手の大きさ、暖かさを思い出す。


それだけで心臓はドキドキしていた。


鼻歌を歌いながら着替えをしてリビングへと下りて行く。


「あら葉月、今日は肌の調子が良さそうね」


化粧をしていたお母さんが振り向いてそう言って来た。


昨日念入りにケアをしたお蔭かもしれない。


「そう? お母さんも、今日も綺麗だよ」


気分がいいから、人を褒める事だって簡単だった。

< 65/ 271 >