ケータイ小説 野いちご

家政婦になりました。1

第一章
アルバイトしませんか?



また、朔さんの部屋に戻った私達。


空良君は私にべったり。


膝の上に座って私にしがみついたまま離れない。



「空良が...女の人に.....?」


と、驚いた顔をした朔さん。若頭さんとそっくりな反応ですね。



『このままでいいですよ。...まずはじめに、あの女の人は誰ですか?』


お母さんは他界していると、聞いたから違うと思う。

再婚の相手?.....でも、朔さんがこんなアバズレ女を選ぶはずがない。



< 39/ 542 >