ケータイ小説 野いちご

花魁通りの姫様は

登校日


それから数日後、うちの体調は良くなった。

「もう体調も良くなったし、明日から学校行けんじゃねーの?」

そう話してくれるのは幹部の咲良(さくら)。
可愛い名前だけど怒らせると一番怖いし漢気がある。

「心配してくれてるの?ありがと(ニコッ」

「べ、別に心配したわけじゃ…」

あれ?なんで顔赤いの?熱ある?

まあ、いいや。

「もう大丈夫なら明日一緒に学校行けるね?」
「うん。」

優しくしてくれるこの人は隆弘(たかひろ)。優しくて、料理が上手くて、お父さんみたいな人。

こういう人うち安心するんだよね。


明日からのみんなと学校行くの楽しみだな。


────────

「ちーひーろー!!」

ん…?この声、淳?

あ、淳はね可愛くて女の子みたいなの。
言えば怒っちゃうけど。

あと、スイーツも好きみたいで今度一緒に行く約束したんだ。

「ねぇ!何呑気に考え事してるの!学校だって!」

え?今、6時のはずじゃ……ってあれ?!7時半?!

確か学校8時までだよね?

どうしよ。やっぱり隆弘に起こしてもらえばよかった!

「早く!僕以外みんな行っちゃたよ!」

「じゃあ淳だけ?一緒に行こ?」

「いいよー?っじゃなくて!急いで!」

もう、そんな怒らなくてもいいじゃん

でもうち準備遅いんだよなぁ

「ほら、制服出しておくから、顔洗ってきて!」

ってな感じで淳に手伝ってもらったら8時には間に合いそうだった。

うち30分で準備したってこと?
すごくね?



< 7/ 52 >