ケータイ小説 野いちご

葵くん、そんなにドキドキさせないで。

□葵くんって爽やかだよね。








「田中さんの困ってる顔、

びっくりするぐらいそそられる。」





めちゃくちゃにしてやりたいなぁ

なんて。


爽やかに笑いながら言うのは、



人気者の王子様。









「田中さん、俺の彼女にならない?」


「い、意味が分からないです…」







< 1/ 351 >