ケータイ小説 野いちご

【完】『空を翔べないカナリアは』

VOL.1
〔7〕


美優と貴慶は店内を流すように見ながら歩いていたが、

「…なんかさ、混んでない?」

実のところ美優は人混みが、あまり好きではない。

「実は自分、こういう混み混みしたとこ苦手やねん」

貴慶は言った。

「…取り敢えず出よっか」

「せやね」

二人は再び渋谷の街へ出た。

道玄坂を背に再び渋谷駅の近くまで来たときである。

「ねーねー、そこの黒ギャルちゃん」

明らかにナンパの声がした。




< 50/ 275 >