ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月21日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • バレンタイン

    「用務員のお兄さんだけど、これ見て」
    「落とし物?」

    美友と彼は赤包を見て、持主を探した。

    「大好きな●●さんへ 桜田美友よりって、私の名だ?」

    汚れた宛名を読んでいると、声がした。

    「何やってんだよ」
    「いかがしました?」
    「ねえ、調子どう?」

    三人男の前で彼女は首を傾げていた時、放送が流れた。

    『エアラブ放送局です!美友さん!僕、チョコ待ってます!』

    「は?」
    「公私混同とはこの事ですね」
    「やるな?」
    「おい。お兄さんもまだだぞ」

    「ふわ?眠い……何してんの」

    生徒会の先輩まで現れた校庭隅で、男子達が騒ぎ出した時、頭上から声がした。

    「おーい。貴様ら。それワシの!返せ」

    「理事長爺さんか」

    これを知った五人は勝手に食べてしまった。

    「あの皆さん……お味は?」

    最高!の言葉に彼女は恥ずかしそうにうなづいた。
    うらら学園のバレンタインはこうして甘く幕を閉じた。

    開く閉じる

    • 羽生君
    • VD2020【お題】
    • スケートリンク
    • 愛の儀式

    羽生君は踊る。
    moonと一緒に、黒いタキシードで…
    羽生君は舞う。
    sunと一緒に、白いタキシードで…


    「嗚呼、羽生君」
    ご結婚おめでとうと私は夢想した。

    開く閉じる

    • 同級生
    • VD2020【お題】

    待ちに待ったバレンタインデー。何度も練習してから作ったマカロンは、友達にも好評だった。
    放課後。私は下駄箱で立ち尽くしていた。鞄の中に一つだけ、残ったマカロン。
    これを田中くんの靴箱に入れるか入れないか、それが問題。
    「ああ~どうしよ…」
    直接渡す度胸がなくて、下駄箱に入れるなんて卑怯かな。迷惑かな。
    でもせっかく作ったから、食べてもらいたいな。よし、入れよう。
    ふー、と深呼吸をして、田中くんの靴箱を開け、マカロンを入れるーー「あれ、早瀬?」
    「たたた田中くん!?」
    「何してんの?」
    尋ねる田中君は笑顔で、私は固まった。まだマカロン手に持ったままだーーよし、このまま逃げよう。
    「何でもないよ!じゃあね!」
    くるりと振り向いて走り出した。
    が、後ろから手を引っ張られつんのめる。
    「待って」
    私の手を握る田中くんは、真剣な面持ちだった。
    「それ、俺用だよね…欲しいんだけど」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

【完】『空を翔べないカナリアは』 (英 蝶 眠/著)

ギャルって見た目と違って案外まじめで、古風やったりしますよ。

でも見た目でみんな判断しちゃうんだろうなぁ…

  • 完結おめでとうございます。
    お疲れ様でした。
    読み進めるにつれて、美優ちゃんと貴慶さんの関係がどう進展するかがとても気になっていきました。
    そして、不器用でじれったい2人を後押ししつつあたたかく見守る登場人物みなさんがとても魅力的だったと思います。
    こういう結末だったんですね。
    作中に出てくるお花やバイクを調べるのも楽しかったです。大将から譲ってもらったバイクかっこいいなぁと。詳しくないし、ちょっと体のことで難しい状況で無理になってしまったんですけど、バイク乗りたかったんですよ。小さい頃はカブ何かもかわいいって思ってて見るの好きで免許とって乗りたくて。読んでくうちに可能性がある以上いつか乗りたいなと。その前に貴慶さんの後ろに乗りたいです。美優ちゃんの席だからダメだろうけど。
    長くなってしまいそうなのでおいとまさせていただきますが、美優ちゃんと貴慶さんと共に駆け抜けた数日でした(勝手に)。
    暫く余韻が、抜けそうにないです。
    この作品を書いてくださりありがとうございました。

    和蘭芹   2017/10/14 23:03

    和蘭芹 様



    いつも感想ありがとうございます♪

    実は完結までにはさまざまな葛藤がありまして、出来るだけ実際あったエピソードに添いながら、いかにストーリーをきちんと着地させるかといったことで、なかなか結末を書けずにいた時期がありまして、その葛藤が仮になかったらもう少し早く完結したかも知れません。

    あとがきで触れたので美優と貴慶のモデルの話は割愛しますが、うちが知る限りそれぞれ美優も貴慶も振り返ればいいやつだったんだなと、改めて思う次第です。

    バイクのくだりは、うちが実際に小樽の寿司屋で見た風景をヒントにさせてもらいました。CD90というのはホンダの古いバイクですし、美優が育てているパフィオペディラムも、咲いたエピソードを書くかどうか悩んだぐらいです。

    最後までお付き合いいただき、感想もいただいて、ありがとうございます。



    感想ありがとうございました。



    作者からの返信 2017/10/14 23:22

  • またお邪魔致します。

    更新が速いので1日に幾度も覗いています。

    「カナリア」お恥ずかしながら童謡はあまり知らないので調べてみたら何となく怖い雰囲気がありながら希望を感じる唄ですね。

    2人にはモデルがいらっしゃるんですね。リアリティーと言うか、細かい設定や伏線が回収がされていて面白いです。

    今は読んでて展開に驚いて、ドキドキしています。

    長々と失礼しました。

    和蘭芹   2017/10/06 08:43

    和蘭芹 様


    二度目ましての感想ありがとうございます♪

    このところ数日、花屋での作業が止まり勝ちやったんで、調子に乗って更新してたらだいぶ進んでしまいまして…

    なにせ仕事の合間の更新なんで、見たときに停まってたらスミマセン…人( ̄ω ̄;)

    このあとは美姫と崚が、まぁ詳しくは本編で書きますがキーになります。

    あと、ワンポイントのアクセントで寿司屋の大将も出てきたりします。

    ひきつづきお楽しみいただければ、幸甚です。

    閲覧のご迷惑にならないように気をつけて書きますので、しばしお付き合いいただければと思います。



    感想ありがとうございました♪



    作者からの返信 2017/10/06 10:32

  • はじめまして。

    タイトルに惹かれて読みはじめて追いかけています。

    美優ちゃんは、健気ないい子で応援したいし、貴慶さんは大人だからこその包容力があってかっこいいです。

    年の差があるのでどうなるのかなぁっと不安に思ってましたが、更新分ではうまくいってるみたいだけど、やっぱり、どうなるのかなぁっと気になっています。
    続きが楽しみです。

    更新頑張ってください。

    和蘭芹   2017/10/04 15:13

    和蘭芹 様


    はじめまして!

    感想ありがとうございます♪

    タイトルの裏話ですが、古い童謡に「カナリア」というのがありまして、この歌詞がヒントになってこのタイトルはつきました。

    実は今回の作品、ヒロインの美優にも、相手の貴慶にもモデルになった人がいまして、そこを基準に今回は書き進めてます。

    このあとの展開はちょっとまだ明かせないのですが、今のところ美優と貴慶は順調なので、今後もぜひ楽しみにしていただければなと思ってます。



    感想ありがとうございました♪



    作者からの返信 2017/10/04 17:04