ケータイ小説 野いちご

あの日の約束を、君ともう一度

1Q【君との約束】





「...さーや!まーた、バスケ見てる〜。もうマネージャーになっちゃえばいいのに〜。」




隣で笑いながらそう言ったのは、幼稚園からずっと一緒にいる、幼なじみ兼親友の河合莉花(カワイリカ)。





「...え、また見てたー?」





「見てた見てた!がっつり!」





眩しいくらいの笑顔で、莉花はそう言った。






「まじかー。...でもマネージャーにはならないよー。見てるだけで充分!」





私は、あははっと笑った。





本当はバスケ部に入りたい。





でも、入れない。





全てがあの日に奪われた。





私のすべてはあの日になくなった。





「そうなの?...さやはバスケがまだ好きなんでしょ?」





そうだよ。当たり前じゃん。





あの頃の私は、バスケが全てで。





それがなくなった今、私に残ったものは何もない。





私の名前は、染谷沙耶佳(ソメタニサヤカ)。





県立の桜丘高校に通う、1年生だ。






この高校には、中学1年生の時から入ろうと思っていた。





バスケが強かったから。





男子はインターハイの出場常連校で、女子はインターハイには出られないものの、県立ではトップだった。






絶対に、バスケで入ると決めていた。






絶対に、桜丘高校でバスケをやるんだと思っていた。





でも私は、バスケをやることを諦めた。





辛くなるから、バスケに関わることもやめた。





今私は帰宅部だ。





これからどこかに入部する予定もない。





一人の時間を増やしたかった。






< 3/ 166 >