ケータイ小説 野いちご

愛してるじゃなくて好きだと言って

愛してる?


「ねぇ、愛してるよ」


また彼女の悪い癖が始まった。


向かい合って座る小野田桜(おのださくら)は頬杖をついて俺の返事を待っている。


「そりゃどうも」


愛してる攻撃にもう慣れっこの俺は、目尻を赤くさせてヘラヘラ笑うサクの手から缶チューハイを奪った。


「…路安(ろあん)はうちのこと愛してる?」


何もなくなった手元をじっと見つめたあとに、この質問はやめて欲しい。

そんなのまるで俺がサクの事をいじめているみたいじゃないか。

しかしながら、このやり取りも数え切れないほどしている。

ここで否定するとだる絡みが長引くのは経験済みなので、所詮、酔っぱらいの戯言だと流して頷く。


< 1/ 13 >