ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

隣の席の狼君《短》

勉強会




あーー、やっていけない。もう終った。


夏休みを目前にし、騒ぎ始めた一同を震撼させた


《期末考査で赤点が一教科でもあるものは、補習》


「残念だな補習」


『もうすでに、補習決定なの!?そこは勉強見てやろーか??って聞くとこではないだろうか!!』


「なんで、俺がお前の勉強見てやんなきゃいけねーんだよ」


『お隣さんに対して、辛辣!!補習になったら、三日三晩呪ってやる!!』


「辛辣はお前だ。どんだけ理不尽なんだよ」


『補習嫌、補習嫌、補習嫌、補習嫌、嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ』


「怖ぇーよ」


ブツブツと呟いていると、大神君はハーッと大きなため息をついた。


「教えてもらいてーんなら、言う事あるだろ」


言われるやいなやその場で土下座して、お願いしまーーすと叫んだ。


「おまッ!!やめろ!!プライドねーのかよ」


珍しく動揺した大神君に、起こされ椅子へ座らされた。プライドなど、補習を前にあるはずが無い!!!!


< 6/ 13 >