ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

矢代くんの本気の恋

王子様*悠里SIDE





「さみしそーな女発見」




紙コップに入ったコーンスープをすすりながら、



屋上に繋がる階段で、弁当を食べている美音を見つけた。




「……なによ」



「凛と真白、ふたりで昼食ってたけど」



「……そう」



「お前は一緒に食わねーの?」




熱々のコーンスープを冷ましながら、また少しすする。



すると美音が俺を睨み付けてきた。




「アンタのせいじゃない!
……自分で決めたことくらい、貫きなさいよ!」




強気なくせに、泣きそうな顔をしながら言う。



……いや、なんで俺のせいだし。







< 88/ 369 >