ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • お昼休み
    • 校舎裏
    • 切ない【お題】

    「お、杏奈。」

    「兄さん。お待たせ!お昼食べた?」

    「いや、まだだけど?」

    「一緒に食べよう?」

    「ん。良いよ。」

    私の兄、川霧 悠太。私の好きな人...

    絶対に叶う事のない恋心。

    「お、美味い。また、上手くなった?」

    「エヘヘ。ありがとう。」

    そんな兄には、他校に彼女がいる。

    それを知った時に、

    「あぁ。そっかぁ」

    なんて開き直ってた。

    「あ、メールだ。」

    そう言って携帯を開く兄はどこか嬉しそうで、「あ、彼女か...」と思った。

    ニコニコした顔で楽しそうにメールを送る兄は幸せそうで...

    私なんかが好きになれない...

    さよなら。私の恋心...

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 飲み会
    • 頭ぽんぽん

    がやがやと騒がしい飲み会の場を誰にも気づかれないように抜け出し、外の空気を吸う。
    「ふう・・・・・・」
    今はサークルの飲み会の真っ最中なのだが、私はそれが苦手。
    お酒自体は好きだけど、先輩の飲み物がいつなくなるか目を離せないし、飲み過ぎて具合が悪くなった人がいたら看病しなきゃいけない。
    ゆっくりのんびり飲めない飲み会は、あまり好きじゃない。
    5分だけ、休憩。
    そう思っていたら、後ろから先輩の声がした。
    「やっぱりまお、ここにいた」
    振り向けば、朗らかに笑う先輩が。
    「先輩、どうして外に?」
    「まおが出てくの見えた気がして。まお、サークルの飲みの度に仕事ばっかで飲めてないよな」
    ごめんな、と先輩は私の頭を軽くなでた。
    顔が熱くなる。
    思わず俯くと、先輩はそれを知ってか知らずか私の顔をのぞき込む。
    「な、これから二人で飲み直さねえ?」
    先輩は悪戯顔で笑って、私の手を引いて夜の街へ駆け出した。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 切ない【お題】

    ・・・・・・なんでだよ。

    悔しくて、拳をぎゅっと握りしめる。

    俺の視界に映るのは、彼女と手をつないで帰る一人の男を寂しげに見つめるあいつの顔。

    辛いなら、見なきゃいいのに。

    目が離せないのか、ずっとその男の背中を見続けるあいつにイラッとして、いてもたってもいられなくて。

    後ろから、あいつの目を俺の手で塞いだ。

    「っ!?」

    「んな顔するくらいなら最初から見てんなよ」

    俺の存在にやっと気づいたらしく、突然目の前の女はあたふたし始めた。

    「な、なんであんたがここに、てか離しなさいよ」

    「無理」

    「はあ?」

    「お前が泣き止むまでは、離せない」

    「な、泣いてなんかっ」

    いっつも強がるこいつは、本当に可愛くない。

    少しくらい、俺にくらいは、弱さ見せたっていいのに。

    「お互い、不毛な恋してんなあ」

    聞こえないような声でそっと呟いて、涙が流れないように、俺は笑った。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

矢代くんの本気の恋 (*リーナ*/著)

劇的に文章を書くのが下手になった気がします…。温かい目で見てくださいな…

  • もう、キュンキュンが止まらなくって…
    私の王子様(騎士様)はどこですか????笑

    きれマユ   2019/08/06 02:35

    初めまして!
    コメントありがとうございます(*´︶`*)

    王子様…きっとどこかにいます…!(?)
    うちの矢代もらいますか?(笑)

    作者からの返信 2019/08/06 23:36

  • 一昨日好きな人に振られましたw
    振られただけならよかったのですが遠距離の人ということもあり関係を切られてしまいました。
    でも、この話を読んで自分で治すと決めたところを治す勇気が出ました。
    ありがとうございます

    K-O   2019/07/13 09:08

    そうなんですか…悲しい(;_;)
    自分でどこが悪いのかわかっていても、直すのってなかなか難しいです。
    少しでも、意識だけでも変えられるような何かがこの作品にあったのなら、書いてよかったなって思えます。

    更新中からコメント、ありがとうございました!とても励まされてます!
    ありがとうございます(*´︶`*)

    作者からの返信 2019/07/15 22:53

  • リーナさん!ランキング1位おめでとうございます!本当に素敵なお話でした!!
    何を書いてもネタバレになりそうで、レビューが下手くそでごめんなさい(>_<)(>_<)悠里の決意と美音の決意に心が打たれました…(;_;)思い込みは決して悪い事ではないけど、でも誤解だと分かった時は私まで肩の力が抜けました!(笑)まるで小さい頃から4人を見てきた部外者の1人(笑)
    本当に最初から最後まで最高すぎるお話でした!!このお話を書いてくださってありがとうございます!!!(;_;)余韻が抜けないのでもっかい読んできます!( 〃▽〃)

    桜野夢花   2019/07/11 15:24

    夢花さん!ありがとうございます♡
    いえいえ、嬉しすぎるレビューありがとうございます…!
    思い込みでここまで関係が悪くなるのか…って感じですよね!読み手にはイライラさせてしまったかもしれないです(汗)
    ほんまそのコメントだけで嬉しいです♡
    落書き押し付けます♡←

    作者からの返信 2019/07/11 20:52

  • リーナちゃん!!
    遅ればせながら
    最後まで読みました☆
    まずは本当に完結おめでとう!!お疲れ様!!

    チャラ男の矢代くんだけど
    最後は甘々でとってもきゅんきゅんでした…
    実はものすごく一途だったというわたしの大好物のやつ…ありがとう←

    あと表紙絵がものすごく素敵です♡

    素敵なものがたりをありがとう、リーナちゃん♪

    *ゆきな*   2019/07/03 15:20

    ゆきなちゃん!
    お、お読みになってくれたのね…ありがとう…!

    ずっと更新止まっちゃってて、なんか自分でも何書いたかわかんないんだけど…;
    今までより、ツンデレ感はなかったな!←

    へへ、ありがとう(*´︶`*)
    一旦自分は休憩してゆきなちゃんの更新を楽しみに待とうかな♡

    作者からの返信 2019/07/03 20:31

  • 2組とも女の子から告白するのが個人的にツボで、胸キュン所じゃないです!!

    ほんっとに面白く、甘い小説で読んでて楽しかったです!♡

    ありがとうございます!

    安田 れよ   2019/07/03 00:37

    あっ、そういえば2人とも女の子からでした…!
    男ー!しっかりしろー!←

    面白いと思ってくださって嬉しいです♡

    コメントありがとうございました(*´︶`*)

    作者からの返信 2019/07/03 20:22