ケータイ小説 野いちご

【完】君しか見えない

◇ 第1章 ◇
L 誰もいない校舎で







『十羽は幼なじみだよ。
それ以下でもそれ以上でもない。
ましてや恋愛感情を抱くなんてありえないよ』



クラスメイトの女の子にそう話す楓くんの声が、今もまだ鮮明に耳の奥に残っている。



夕暮れのオレンジ色の光が差し込む教室。



そこから聞こえてきた楓くんの声を耳にして、廊下のど真ん中に立ち尽くし、動けないでいる私。



あの日──中2のある秋の日、私は楓くんの気持ちを初めて知った。








< 23/ 360 >