ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

暗黒王子と危ない夜

溺れる







間もなくして、目的地にたどり着いたらしく車が停車した。

思ったより長くはかからなかった。




乗っていた時間は20分ほどだったと思う。


車って数十分もあればけっこう遠くまで行けるんだなあ、なんて呑気なことを考えながら外に出た瞬間、あっと腰を抜かしそうになる。





「大きい‥……」


思わず口にしてしまうほど。



倉庫と言われれば確かに倉庫だ。


だけど正面には大きくて頑丈そうな扉があって、二階建てで、横にも広く。倉庫手前の広い空間も、砂利ではなくコンクリートで綺麗に舗装されていた。





プレハブを少し大きくしたようなものを想像していたから、その違いに戸惑った。


やっぱり、あたしなんかが来ていい場所ではないんじゃないかと。





「おい萌葉。そんなとこで固まってんな、行くぞ」

「あっ、うん……」





返事をしつつ、やないさんの車をもう一度振り返ると目があった。


「では、私はこれで」


ありがとうございました、
とお辞儀を返して、見送る。

< 212/ 461 >