ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

暗黒王子と危ない夜

秘密




──翌朝。

セットしていたアラームが鳴るより先に目が覚めた。
枕元のスマホに手を伸ばして画面をつけると、時刻の下にいつくかの通知が表示される。



いくつかの新着メッセージの中に、三成くんの名前があった。


送信された時間は午前4時20分。ずいぶんと早起きだなあ、なんて感心しながら通知をタップしてアプリを開くと



【朝、家に迎え行く。】


という文字が並んでいて。


寝起きでぼんやりとしていた頭がいっきに覚醒した。




「迎えって……」


思わず口に出てしまう。


そんなに急に言われても困る。

だいたい何時何分に来るとか、そんな情報も一切ないし。



【待って、】


と送ったものの、あとに続ける言葉が見つからず。


来なくていい、なんて言うのは失礼かな、とか。

もしかしたら何か話したいこととか大事な用事があるのかもしれないな、とか考えているうちに既読がついてしまった。

< 182/ 461 >