ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

晴れ渡る空の下で、君のために風となる。

Second Letter
【君と同じで】

12月に入り、急激に気温が下がったように思う。

日中は陽射しのおかげで幾分マシだけど、朝晩は手足が凍りそうになる寒さだ。

学校の最寄り駅までの道を、マフラーに顔を埋めながら歩く。


「終わったね……」

「色んな意味でな」


言ってからもうひとつ吐いた息は、白くなって夜の闇に溶け込んでいった。


「ちょっと。色んな意味で終わったのはあんただけでしょ? 一緒にしないでよ」

「お前もそんな頭良くねぇじゃん。同じだろ」

「違います!」

「はいはい、同じな。わかったから」

「違うって言ってんでしょ!?」


まるで小学生の喧嘩のようなやり取り。内容は、今日が最終日だった二学期の期末テストの出来だ。

< 43/ 386 >