ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

幼なじみのフキゲンなかくしごと

第1章
遠い人



「起立ー、礼」


朝礼が終わって、皆がぞろぞろと席を立っていく。

1限目は生物だから、私も早く準備して生物室に向かわなきゃいけないんだけど…




「矢代くん、今日来てないね〜」


「あたし矢代くんと生物同じ班だから、楽しみにしてたのに」



ちらほらと聞こえてくる会話を聞きながら、私の中で、よくわからない不安が膨らんでいた。



瑞季くんは昔からよく風邪をひいてたけど、今日来てない理由は、たぶん風邪なんかじゃ……ない。


なんとなくだけど、そんな気がする。




「ほら、あさひ。行くよ?」



上から降ってきた声に顔を上げると、少し首を傾げながら私を見る友香(ともか)ちゃんと目が合った。


頷いて、机の中から生物の教科書を取り出す。



「矢代くん、休みなんて珍しいね」



友香ちゃんがぽつりと呟く。



「あ、うん……」



中学からの親友の友香ちゃんは、私と瑞季くんの関係を知っている。


 
「……もしかして、矢代くんが休んでる理由、あさひ知ってるの?」


「えっ」


「なんか、考えこんでるみたいだったから、そうなのかなーって」


「……んーん。知らない、けど……」


「……けど?」


「瑞季くん……もう学校に来なくなるんじゃないかとか考えちゃって」


< 20/ 304 >