ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

素直になれよ。~幼なじみと秘密の同居♥~

そばにいて……。【美月side】




「美月、玉ねぎは何個いる?」



学校帰り、近所のスーパーに立ち寄って夕飯の材料を買い物中の私と大地。


大地のリクエストにより、今日の夕飯はカレー。



「カレーは明日も食べれるように多めに作るから、玉ねぎ2個に人参も2本お願い」


「了解」



大地はカートを押しながら、どれがいいかな?なんて物色している。


それにしても、いくら寝不足続きだったとはいえ、突然寝ちゃうなんて、私としたことが……。


何より、大地がお姫様抱っこで保健室まで運んでくれたなんて……。


穴があったら入りたいくらい恥ずかしくてたまらない。


ある意味、意識がなくてよかったのかも。



「それにしても、ミートソースやらカレーやら、子供が好むメニューが好きなところは昔から変わってないんだね」



あ、忘れずに福神漬けも買わなくちゃ。


あとはサラダを作ればいっか。


レタスはどこかな?


探しながらうろついていると。


横から大地がきて、トンと体をあててきた。



「なんだよ、美月。てっきり俺の好物なんか忘れてると思ってたのに、ちゃんと覚えてくれてたんじゃん」



嬉しそうな顔をした大地と目が合う。



「……っ!」



……しまった。


私ってば、うっかり、余計なことを……。






< 90/ 355 >