ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

素直になれよ。~幼なじみと秘密の同居♥~

絶対、ヒミツ!【美月side】




「うわ~!うまそうな匂い~♪」



そろそろ大地を呼びに行こうと思っていたら、それよりも先に匂いに誘われるようにしてやって来た大地。


ダイニングテーブルに運んだばかりのミートソーススパゲッティに目を輝かせている。


「うお!めっちゃうまそうじゃん!俺、パスタなら断トツでミートソースが好きなんだよなぁ~!」



うん。知ってる。


だから、ミートソーススパゲッティにしたんだよ。



「そうなの?おかわりもあるよ」



でも、そんなこと言わない。


言わないんじゃなくて、言えない。


だから、こうして知らなかったフリをする私はやっぱり素直じゃない。



「こっちのサラダも彩りいいし、このオニオンスープもうまそうじゃん。美月って、マジで料理できたんだな!」


「……」



私、料理ができるのか疑われてた?



「これくらい、誰でもできるし」


「そんなことねーよ。超旨いし!こんな旨い手料理食べれる俺って、超幸せモノだわ」



そんな嬉しそうな顔して、そんな嬉しいこと言わないでよ……。


こっちは、テレてることを隠すの大変なんだからね……。


私は赤くなった顔を隠すように、両手でティーカップを持ち、口元に運んだ。







< 58/ 355 >