ケータイ小説 野いちご

病気持ち少女とNo.1暴走族

氷龍のために








10月になった。


口の中はすっかり治ったが、
私の病気は勿論治らない。




朝起きるのがだるくて1日1回は吐く。
血が混じったヤツ。



授業中よく気づいたら寝てるし、
気持ち悪いし。



体温は37.5は余裕に越してる。




毎日診察に行ってるから
こんな変化もお兄さんはすぐに見破る。


薬を増やされた。




5つだぞ。

苦しいんだぞ?!






蛍のイジメは収まらず、
ダルいけど沙奈達についていき、
沙奈達がいなくなってから私は
蛍に手を差しのべる。

< 122/ 231 >