ケータイ小説 野いちご

10年前の約束。

先生をお願いします。




……………ん?

誰かピアノ弾いてる?


すごい上手……。


……………いや、レコードか。

休み時間なのに?


私は開いていた音楽室のドアから中を覗いた。


「……………葉山くん?」


来てたの?


「……………なんだよ、お前か。」


「葉山くん何してんの?」


「サボり。お前は?」


「まぁ私もそうだけど……。

ってかピアノとか聴くんだね。」


「……………わりーかよ。」


「悪くはないけど意外。

ってか思いっきり邪魔するんだけど

私、ピアノ弾いていい?」


「むり。」


……………ですよね。


「でも弾きたいし。

聴きたくないなら出てって。」


「は?お前が出てけよ。」


「ピアノはここしかないから。」


そう言って私はピアノの前に座ってピアノを弾いた。




< 51/ 143 >