ケータイ小説 野いちご

期間限定の恋、はじめました。

2日目

「先輩早く来ないかな〜」


2月も終わりだというのにまだまだ春が来るのは先になりそうな気候。


私は悴む手を暖めるよう手を擦り合わせた。


昨日は友達との約束を簡単に優先されたけど、今日は暇だったみたいで見事デートしてもらえることに!


お気に入りのニットワンピにロングコートを合わせ、少し大人目なショートブーツを履いて、いつもと違う私を演出したつもり。


あぁ、先輩早くこないかな〜!


「あ、先輩!!」




< 9/ 88 >