ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月12日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 入学式
    • 教室
    • 告白

    今日は高校の入学式。
    友達が出来るか不安だ・・・・。

    早速ぼっちになってしまったらどうしよう。

    まあでも、焦らずに。
    よく思い返してみたら私、中学生と小学生の時友達いなかったし。

    なんかよくわからないけど、私のあだ名『わくわくさん』だったし。

    まあどうでもいいけど。

    「ねぇ、俺と付き合ってよ」

    んだ?このイケメンめ。
    突然私の前に現れやがって。

    「は?って、お前誰?」

    「初対面の人間に向かって『お前』はないだろ?お前、誰に向かって口聞いてんだ?」

    コイツ馬鹿?
    ってかなんなの?

    「なんですか?私になにか用ですか?」

    「いや、特に。『友達になってくれねぇーかな?』って。いや、『友達が無理ならお前の彼氏にでもなってやろうかな?』って」

    彼氏?
    きも。

    「私に話しかけてくるな。どっか行け」

    「へーい・・・」

    言い過ぎたかな?
    まあどうでもいいけど。

    ってか服返せ。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 頭ぽんぽん

    「田代くん、おまたせ!」
    「ん、おう」

     私たちは付き合ってるわけではない。でも、偶然図書室で会ってからなぜか毎日こうして待ち合わせて一緒に帰っている。
     他にも何人か人はいるけど、私たちはちょうど本棚の陰になるところのイスによく座ってるからあまり気にならない。

    「じゃ、帰ろっか」
    「あー…待って」
    「え?」

     図書室を出ようとした私の手を、田代くんが遠慮がちにつかんで引き留める。
     少し骨ばった大きな手に、ちょっとだけドキンとした。

    「なぁ、俺、ちょっとは意識してもらえてたりする?」
    「へっ…」

    「…気になってもないやつと、毎日一緒に帰るなんてないだろ」

     そう言われ固まっていると、繋いでいた手がほどかれ、頭を撫でられる。

    「まずはこれだけ。これから俺のこと、好きになって」

     顔を真っ赤に染めて、それでも私の目を見つめながら彼はそう言った。

     …心臓の音が、うるさい。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 胸キュン

    「疲れた…」
    委員会の仕事がやっと終わり、靴箱に向かう。
    「あれ…修斗…?」
    疲れきった私の目には、靴箱にもたれ掛かっている同級生の姿が映る。
    「おー……」
    「どうしたの?こんな遅くまで」
    「……晴也待ってた」
    もごもごと話す。
    「晴也、今日休みじゃん」
    「あ、あーそうだっけ………?」
    修斗の目が泳ぐ。
    大丈夫だろうか。
    「…ついでに送ってってやるよ」
    「え、ありがと」
    偉そうだな~とは思うが、ツンデレなのだろうか。

    「あー、じゃあな」
    そう言って、修斗は私の家の前で手を振った。
    「うん、ありがと」
    「…ん」
    修斗は来た道を帰る。
    もしかして…
    「修斗!」
    「何」
    「もしかして家遠いのに、送ってくれた?」
    「…こ、この辺のコンビニに寄るついでだから。」
    なんと照れ屋なんだろう。
    「笑うなよ…」
    「だって笑」

    「悪いかよ」
    「好きな奴と待ってまで一緒にいたいと思うの」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

期間限定の恋、はじめました。 (葵 りんご/著)

お気軽に感想など書いていただければ幸いです(^ ^)

  • 期間限定の恋が無期限になるのが感動でした!!面白かったです!!
    私は今年度卒業です!私は同級生に好きな人がいるので告白できる勇気が欲しいです

    nonichi♥︎   2017/12/24 15:07

    感想ありがとうございます!
    そして今年ご卒業なのですね!
    私はもう何年も前の話なので(というと年齢がバレますが)、それだけで羨ましいです。
    おまけに好きな人がいるなんて素敵なことですね。
    私は言わなくて後悔したタイプなので、nonochiさんには後悔のないようにしてほしいです。
    影ながら応援しております(^ ^)

    作者からの返信 2018/01/06 02:15

  • 感動して、目がうるうるしましたwwww
    とても楽しく読ませていただきました!!
    題名だけでおもしろそうだと思いました。
    これ、卒業式にもう一回読みますwwww

    うーろんろん   2017/10/20 21:25

    感想ありがとうございます。
    そして来年卒業なんですかね?
    おめでとうございます。
    卒業の時のあの特別な切なさを表現したくて書いた作品でもありましたが、うまく伝わっていればとても嬉しいです。
    ぜひまたお読みください(^ ^)
    ありがとうございます(^ ^)

    作者からの返信 2017/10/31 19:41

  • 感動しました!
    すごいおもしろかったし、最高でしたよ!!
    もー泣いちゃったw
    楽しく読まして頂きました!

    れ__。   2017/07/02 14:20

    感想、そしてレビューまでありがとうございます!
    笑って、そして泣ける、を目指しておりましたので、そう言って頂けてとても嬉しいです。
    ご感想ありがとうございました!

    作者からの返信 2017/07/12 21:01

  • ♢レビュー御礼♢
    reik様

    レビューありがとうございます!
    はじめはラブコメのつもりで書いていたのですが、最後は切ない感じになってしまってましたよね。
    そう言って頂けてとてもありがたいです。
    素敵なレビュー誠にありがとうございました(^ ^)

    葵 りんご   2017/02/02 23:17

  • ♢レビュー御礼♢
    高槻夕様

    素敵なレビュー誠にありがとうございます!
    泣いてくださったなんて、本当に作者冥利につきます。
    後輩の方にも読んでいただけているなんて本当に幸せです。
    私自身が最後までどうなるか分からないストーリーが好きなので今回も最後までドキドキを残せるように物語残せる構成を考えました。
    温かいレビュー、本当にありがとうございました(^ ^)

    葵 りんご   2017/01/27 20:53