ケータイ小説 野いちご

期間限定の恋、はじめました。

4日目

今日は3月1日。


今日からカレンダーも少し春らしいものになっていたにも関わらず、朝から足取りも重く学校へ行く。


あんなことがあって、私は達郎とどうやって顔を合わせればいいのだろう。


達郎はあの時、返事はまた今度でいいからって言ってたけど。


教室に入ったけれど、達郎の姿は見えない。


よかった。まだ来ていないみたい。


そう確認して少し胸を撫で下ろしていたけれど。


「いたっ」



< 50/ 88 >