ケータイ小説 野いちご

なんかタイムスリップしちゃった姉弟が、新選組とわちゃわちゃするお話

真面目なスピーチ?なにそれおいしいの?


土方「あぁ、もうこんな時間か!?」

外はだんだんと暗くなってきていて、夕日が山の近くに見えた。

「うん、だから?」


総司「あ、僕、土方さんが遅いから迎えに来たんだった〜。」

土方「それを早く言え!!馬鹿!!」

総司「馬鹿って言ったほうが馬鹿なんですよー」

土方「ガキか!!」

「土方さんに比べたら・・・ねぇ?」

土方「どう意味だこの野郎!!」


イーク「急いでるんじゃないんですか?」

土方「あ」

土方の顔が怒りで真っ赤だったのが焦りで真っ青に変わった。

地味にスゲェ。

みんな出来る?顔の色を変えるの。私は無理だ。

出来るのは暗◯教室に出てくる、あのせんせーぐらいだよね。



土方「おい!!ついてこい!!!」


土方は焦って、何もないところでつまずいた。

だ、ダサいような可愛いような・・・?
さっきツンデレって分かっちゃったからなぁ〜。



< 58/ 190 >