ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

生きる。

第三章





翌日ー

今日は学校がお休み!

ということで、起きたのはお昼。


一輝も晴輝も両親ももういなかった。



「……お腹すいたな…。」


誰かなにか作ってくれてるよね?

リビングに降りると一枚のメモ書き。


『一人で外を出歩かないこと。

一輝』


えー……引きこもるしかないじゃないですか……



その時


ピンポーン……


インターホンが鳴った。



「はーい。」




< 90/ 514 >