ケータイ小説 野いちご

生きる。

第六章



私たちはあのあと海をあとにして

初詣に賑わう神宮へ向かった。


「うわー、すごい人!」


私はいつもこんなことを言っている気がする。


「初詣とか日本っぽい!

日本人に生まれてよかった!」


「どんな状況でも楽しめる由茉はすごいね。」


と爽が言った。


「楽しまなきゃ損だよ。」


私がそういうと爽は笑って

「そうだな」と言った。


私たちは人混みに向かって突進した。


そして順番を待って、参拝をした。


"今年も精一杯生きます。私の人生。

楽しく生きます。

命をありがとうございます。

お陰さまで今は元気です。"


私は神様にお礼を言って、戻った。



< 445/ 514 >