ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

自殺列車

窓の外

それからあたしたちはバラバラになり、狭い車内をそれぞれで調べて回る事にした。


みんなの力が均等になるような装置が、どこかにあるかもしれない。


男子と女子に別れ、天井も椅子の下もくまなく探す。


真っ黒な椅子に細工でもあるのかと思い、持ち上げてみようとするが全く動かない。


ちゃんと、床と固定されているようだ。


「なにもないね」


隣で椅子を調べていた澪が言う。


「そうだね。普通の電車と何もかわらないみたい」


中腰になっているのが辛くなって、あたしは腰を伸ばした。


「こんな真っ暗な闇、どうやって作るんだろう」


窓の外を見て、あたしは言った。


今まで出会ったことのない闇がそこには広がっていて、恐怖さえ感じられる。


「この窓、開くのか?」


近くにいた朋樹がそう言った。


窓が開くかどうか。


それはあたしも気になっていた所だけど、闇に手を伸ばすようで怖くて触れなかった部分だ。

< 40/ 222 >