ケータイ小説 野いちご

Ri.Night Ⅳ

61.決戦へ



「……凛音、立て」


慎が力を無くしたあたしの右腕をゆっくりと引き上げた。


左肩を支えられ、半分慎に寄りかかる様な形で立ち上がる。


思考が停止状態の今、あたしは慎のされるがままで。


気付けばさっき居た部屋とは違う部屋に居た。



此処、は……?


移された部屋をぐるりと見回す。


さっきの部屋も大概殺風景だったが、この部屋は特にそう感じた。


それもその筈。

椅子が一つしかないから。


他にあると言えば、変な機械と山積みにされた鉄パイプだけ。


此処で一体何をするというのだろうか。



「座れ」


パタンと扉が閉まる音と共に聞こえてきたのは慎の声。



「何、するの?」


今まで人気[ヒトケ]がなかったせいか、少し肌寒い室内。


けど、その気温は今のあたしには丁度良い気温だった。


無音の空間に広がる心地好い空気。


それが上昇した熱を鎮めてくれる。


お陰で物事を冷静に考えられるようになった。


此処からどうやって脱出しようか。


頭の中にはそれしかない。



脱出する方法を探すべく、慎に悟られない様に視線を左右に泳がせると、目についたのはさっきも見た山積みにされた鉄パイプ。


……鉄パイプ、か。


心中でそう呟き、開けられた扉に目を向ける。


見えるのはさっきまで自分が居たであろう部屋。


そして、貴兄が出ていった扉。


< 31/ 476 >