ケータイ小説 野いちご

ゼロの相棒

第2章星の町
新たな魔法使い





****


夜が明けて、目を覚ますと


ゼロが真剣な顔つきで窓の外を見ていた。



「…ゼロ?どうしたの?」




私がゆっくり起き上がると、ゼロが目線を変えずに答える。





「明朝に妙な魔力を感じた。
…この気配には覚えがある。」





ゼロの藍色の瞳が深い色を放っている。




そう言うと、ゼロはくるっ、とこちらを見た。





「朝食べたら早急にここを出た方が良さそうだな。」





私は普通の人間だから何も感じなかったが…。



町で何が起こっているのか、ゼロにはわかっているようだった。





「危険なことなの…?」





私が尋ねると、ゼロは




「フィオネは心配すんな。」




と、顔色を変えずに言ったのだった。









< 60/ 508 >